犬フィラリア症とは

フィラリア成虫が心臓に寄生した犬の心臓模型

フィラリア成虫が心臓に寄生した犬の心臓模型

犬フィラリアは蚊が媒介する代表的な犬の寄生虫です。
成虫になると最大30cmにもなります。
寄生部位は肺動脈や心臓(写真)で、多数寄生することで血液の流れが妨げられ、放置すると多くは死に至る恐い病気です。

感染経路

犬フィラリアの蚊への感染

MERIAL CLUB」さまサイトより引用

症状

発咳・元気や食欲低下・お腹が膨らむ・呼吸が苦しそう・血尿 など

診断

血液検査で診断します。

治療

血液検査によりフィラリアの寄生が確認された場合は、速やかに治療を始めなければなりません。
犬の身体がどの程度ダメージを受けているのかをさらに精密検査し、駆虫に耐えられると判断された場合には、状態に合わせて薬物治療や外科手術を行います。
詳しくは担当の獣医師にご相談ください。

予防

フィラリアが寄生してないと診断された場合、ただちに予防を始めます。
お薬で100%予防できます。
当院では錠剤、食べやすいチュアブルタイプ、注射薬を取り扱っております。

注意

フィラリアが寄生している状態での予防薬投与は大変危険です。詳しくはQ&Aをご覧ください。
感染していても最初の数年は無症状であることが多い病気です。しかし、発見が遅くなるほど愛犬の状態は悪化し、完治が難しくなります。